スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
プロフィール
Kimura Masato


木村 優斗(きむらまさと)


京都市生まれ。龍谷大学在学中に JAZZ DRUM をはじめる。
1984年にニューヨークに渡り、世界中の音楽やミュージシャンに出会う。
その後、ドン・チェリー(ポケットトランペット)と生活を共にしたことをキッカケ
として、 パーカッショニストとしての道も歩む。
ニューヨークのキューバンコミュニティーとの出会いで、アフロキューバ
音楽に魅せられ、コンガやバタドラムを修業。
ビリー・バング(バイオリン)カルテットのレギュラーメンバーとして 55'Bar
など、ニューヨークのライブハウスに出演。DDジャクソン、デニスチャールス、
パットメセニーらと共演している。
西アフリカ・ナイジェリアのヨルバ人に起源をもつ儀式用の太鼓[BATA]の
演奏家でもある。
2000年に帰国後、函館のアフリカンパーカッショングループに参加する。
そのグループをもとにして、アフリカ音楽とバタドラムのアンサンブルユニット
[N'DANA](ンダナ)を山北紀彦、三田健司らと共に結成。
北海道を拠点に全国で活動を展開中。
ソロ活動としても、ドラムあるいはパーカッションで、梅津和時、市川修、
納浩一、藤陵雅裕、高橋ゲタ夫、田中信正、アイヌ音楽の故・安東ウメ子、
アイヌ民族の伝統楽器トンコリ奏者で音楽プロデューサー・OKI、江差追分
・木村香澄、奄美シマ唄・朝崎郁恵などと共演。
CD製作にも参加している。
現在、ジャンルにとらわれないプレイヤーとして、ラテン・アフリカ・ワールド
ミュージック・ジャズなど、色々な音楽家とのセッションを展開中。幅広く活躍
している。
自身の音楽活動の傍ら、北海道檜山郡江差町の[知的障害者更生施設
あすなろ学園]でパーカッション指導にあたっていた。

-------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
12/31 13:00 | プロフィール | CM:0 | TB:0
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 KIMURA MASATO All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。