スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アフリカツアー
2月6日 6時過ぎにホテルをCHEK OUT そして 11時ごろに ヨハネスブルクの空港に到着、無事チェックインを終え いざ タンザニアへ、 飛行機内で南アフリカ産のワインを2本飲み調子良くなったが 途中で寝た、

そして ようやく タンザニアの ダルエスサラームに到着、 空港は 薄暗く 中は 日本の梅雨真っ只中をまだ 強烈にしたような 暑さで 冷房も入ってなかった。 さすがに 南アの爽快さから こっちに来たら 結構きついけど 日本て なんて便利すぎる国なんだろうと思う。いくらでも節電できるし、節電したからといって 死ぬわけでもないし、慣れればいいだけなんだよね、
結局 SUKIAFRICAチームは 乗客の一番最後にまわされ、 ようやく外にでて 両替しに行くが 一軒めは もう金がないと 断られ 二軒めで ようやく両替できた。

ホテルに着いて カード式の鍵をもらい 部屋に行くが ドアが開かず もう一度フロントまで 行く、新しいカードをもらい 二度めのトライ、が またもやドアは開かない、 そして再度フロントへ 今度は従業員も一緒に、ようやく部屋のドアが開き 入る、
さっそく電源を探し充電して 立ち上がったら テレビの台に額をぶつけ 血が出てきた。 久しぶりにニューヨーク時代によく使っていた FUCKという言葉が ついでた、

少し冷静になって考えると なんて 俺は日本という便利な国に慣れてたんだろうと思い、同時にまた ようやくアフリカに戻ってきたなという 感じが湧き上がった。 ここアフリカは 生きていく力の出るところ。 みんな必死に毎日生きている それものびのびと、日本の窮屈さが まったくない。

日本は 便利さや 金儲けに奔走したあげく 今のような窮屈な国になったのかな、なんて思ってしまう。

僕は トーゴ人のピーターとカメルーン人のエリックと外出し 彼らはクラブに行き 僕はコンビニがないので お店で生暖かい水とジュースを買い込み ホテルで飲んで寝た。
スポンサーサイト
03/24 10:52 | 日記 | CM:0 | TB:0
災害救援隊
昨日 4月23日 僕の住んでる 北海道石狩郡当別町から 第一陣災害救援隊が、渡辺 誠さんの運営している ほっとハウスから 気仙沼~唐桑に向けて 出発しました。

メンバーは、渡辺さんの奥さんの かよこさん、娘さんの ともみさん、 ほっとハウスで同居している アーティストの石山 泰作さん、それと運転手の佐藤さんです。


昨日は 救援隊の送別会で 僕は 演奏してきました
ほっとハウスからは 既に10万円の義援金と物資を 送り、 これから 3年間 定期的に支援していく方針です。 マサトも自分のできる範囲で支援していこうと思ってます。


あと 被災者の受け入れですが、ほっとハウスには 10名、その他 渡辺さんの知り合いで 40名、合計50人 受け入れる 予定です。

被災地では 今だ 食料 物資が 足りないとのこと、 政府の対応が あまりに遅いので こうやって民間の人達が動かなければならない状況が 続いてます。

多分これは 全国的に起こっている状況だと思います。 そしてこの支援が一日も早く被災者の笑顔に変わることを祈ってます。


MASATO
03/24 09:48 | 日記 | CM:0 | TB:0
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 KIMURA MASATO All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。