スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アフリカツアー
2月10日 遂にサウチ ザ ブサラの開催日が来た。
スキアフリカは 明日出番だが 今日2時からサウンドチェックだ

1時にホテルを出て 楽器を運びいれる

ステージは野外なので サウンドチェックは 熱射病になるかと思うぐらい暑かった。

そして夜 遂に フェスティバル幕開けとおもいきや 予期せぬ雨で時間がずれ 最初の2グループが 削られ 3番めのグループからだった ターラブ音楽という ザンジバル特有の音楽で 優雅な中に躍動感もある音楽である。 バンド演奏がしばらくあり その後 全身頭から 金のドレスをまといながら ステージに 女性シンガーが出てきた、 彼女こそ ザンジバル島の人間国宝ともいうべき ビ キデドゥ だった 彼女は100歳を越え 今なお 現役で 活躍 日本にも来たことがある。 太鼓も 僕が作った 大太鼓に匹敵するぐらいのやつも 叩く 怪物ばあちゃんである、 その唄声は この世のものとは 思えなかった、 本当に素晴らしい こんな歌は 多分死者の霊も慰めることができるんだろう。

その後も次々と 延々8時間いろんなグループがでてきて 僕は何千人といる会場の 一番前の真ん中で どっぷりと音楽に浸った。
スポンサーサイト
04/06 10:12 | 日記 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kimuramasato.blog118.fc2.com/tb.php/150-df7c174a
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 KIMURA MASATO All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。