スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ドラムス・ドゥンドゥン
MASATOの使用する楽器をご紹介します。

・バタドラム

・シェケレ

・ニャティティ

・コンガ

ドラムス・ドゥンドゥン

-------------------------------------------------------------------

ドラムス・ドゥンドゥン

【ドラムス・ドゥンドゥン(drums & doundoun)】


MASATOの他と一味違うところ。それはドラムスとセットでアフリカの楽器で
ある「ドゥンドゥン」を使用する所だ。ドゥンドゥンはジェンベと一緒に叩かれ、
ベースを担当する両面太鼓。木をくり貫き、胴に牛の皮を張ったものを使用する
が、ドラム缶を利用したものもある。
奏法としては、カウベルをつけて片手で小さな鉄の棒を持って叩く。(この場合
ドゥンドゥンを横置きし、カウベルを上部に設置。カウベルは鉄の棒で叩き、
ドゥンドゥンはバチで叩く)
あとは、ドゥンドゥンをそのまま地面に縦置きしてバチで叩く。演奏スタイルや
グループ編成などによっては一度に複数のジュンジュンを叩く場合もある。
ジェンベとのアンサンブルでは欠かせない太鼓で、アンサンブルにドゥンドゥン
が入っていない事はない。
上記写真にてMASATOが、ドラムセットの向かって左に設置してあるのが
ドゥンドゥンである。


-------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト
12/31 17:44 | 使用楽器紹介 | CM:1 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kimuramasato.blog118.fc2.com/tb.php/7-cfbba2ba
* トラックバック *
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 KIMURA MASATO All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。